アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒の強さはやはり遺伝なの?親が弱かったら子供の自分も飲めないのか!?

飲み会で、始まりから終わりまで、
顔色も様子も変わらずずっとお酒を飲み続けている人ってみたことありませんか?

もしかして、あなたはそのような人ですか?

そんな人になりたかった!と私は思います。(笑)

 

 

やっぱりお酒飲める人はかっこよくみえますよね。

思い返してみると高校生くらいの時くらいから、お酒に興味を持ち始め、
自分はお酒が強いのか、はたまた全く飲めないのか気になったりしませんでしたか。

全く飲んだことがない高校生の自分は過度な期待をしていました。(笑)

有名人の酒豪伝説という特集をテレビで見ていて、自分もすごく飲めるんではないか、
そもそもただの水分みたいに見えて、飲めないほうがおかしいとも思っていました。

 

 

そのような中で、やはり出てくる話と言えば、
「親はお酒強いの?」という話だと思います。

お酒の強さは遺伝するという話はよく聞くと思います。

それでは実際は、お酒の強さは遺伝するのか、
それとも後天的なものなのかということを今回はお話していきたいと思います!

 

 

そもそもお酒が弱いってどういうこと?

お酒の強さはやはり遺伝なの?親が弱かったら子供の自分も飲めないのか!?

 

 

「お酒が弱い」と一言で済ましてしまっていますが、
実のところ、複数の症状が「お酒が弱い」という言葉には含まれています。

まず、だれもが思い浮かぶものと言えば「酔いやすい」ことだと思います。

お酒を体内に取り入れると
すぐに顔が赤くなってしまったり、脈拍があがって気持ち悪くなることです。

 

 

次に思い浮かぶことと言えば、「悪酔いや二日酔いしやすい」ことです。

これは頭痛がしたり、お酒を飲んだ次の日にも気持ち悪かったりするあの一番嫌なやつです!

 

 

実はこの2つを引き起こす物質は違うものなのです。

 

 

「酔いやすさ」に関するものは、アルコールそのものです。

酔いは、アルコールによって神経が麻痺することをいいます。

ですから、このアルコールをいかに早く分解できるかが重要になります。

アルコールが分解する速度が遅くなればなるほど、
神経に対してアルコールが働き、より強く麻痺が発生します。

 

 

このアルコールを分解する酵素が、体内には2つ存在します。

それが「アルコール脱水素酵素(ADH)」
「ミクロゾームエタノール酸化酵素(MEOS)」です。

この2つによってアルコールは、アセトアルデヒドという物質に分解されます。

 

 

アセトアルデヒドが厄介な物質でして、、、

このアセトアルデヒドが、あの憎き二日酔いや吐き気を催す原因なのです。

体内に長く存在すればするほど、症状はつづきます。

 

 

朝起きた時に
「今日一日、この頭痛と吐き気と付き合っていかないといけないのか、、、」と
思っているとき、あなたの体内にはまだ居座っていることになります。

アセトアルデヒドを分解してくれる酵素は、
一つしかなく、それは「アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)」です。

たった一つですのでALDHが、働いてくれないとアセトアルデヒドは消えないわけです。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

アルコールに対する酵素は全て遺伝なの?

お酒の強さはやはり遺伝なの?親が弱かったら子供の自分も飲めないのか!?

 

 

上記の3つの酵素が、
アルコールを体内にいれてから、体外に排泄されるまでに働くものです。

この3つのうち、活性の度合いが遺伝されるものはあるのでしょうか。

 

 

早速、結論からいえば、3つの中、2つは遺伝します。

その2つは、ADHALDHです。

つまり、お酒の強さは遺伝すると言えます。

 

 

特に、ALDHの分解能力は、
親から受け継いだALDHの遺伝子によってきめられていることがわかっています。

すなわち、両親が下戸同士であれば、子供も下戸になり、
酒豪同士であれば子供も、酒豪になります。

 

 

中には、不活性型といって一切アルデヒドを分解できない人もいます。

お酒を飲むとすぐに激しい頭痛と吐き気を催します。

不活性型は日本で約10%いるといわれています。

ですから、無理に飲ませることは絶対にしてはだめなことですね。

 

 

さて、あとひとつの酵素であるMEOSは、
ある程度お酒を飲み続けると働きが活発化していきます。

つまり、アルコールを分解するという面に関しては、
遺伝ではなく後天的なもの強くも弱くもなることも判明しています。

 

 

ですが、注意しなくてはいけないことがあります。

あくまでアルコールを分解することはできても、
アセトアルデヒドを分解することはできないので、
飲めば飲むほど二日酔いの程度は強くなります。

 

 

お酒が弱いのは遺伝なの?のまとめ

今回、お酒の強さは遺伝するのかというテーマでしたが、どうでしたでしょうか。

簡単にいえば、アルコールを分解する酵素遺伝しませんが、
アルデヒドを分解する酵素遺伝によるものだということです。

 

 

お酒が弱くてもお酒が好きで、飲み会が好きな人にとっては、どうしようもないし、
残念だなと思う方はいらっしゃると思いますが、

自分の限度を知っていて、自分なりの飲み会の楽しみ方をわかっている人には、
お酒の強さは、あまり関係ないのではないかと思います!

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。