アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒は最高のコミュニケーションツール?!お酒を飲んで得した事を3つご紹介!

昨今、お酒を同僚や上司と飲みに行く「飲みニケーション」について、
賛否両論が巻き起こっています。

 

 

「ハラスメント」という言葉が注目されている現代で、
お酒の席の強要や、飲めない人への飲酒の強要など「アルハラ」が叫ばれています。

一方で、お互いの事を知る、懇親を深めるといった目的で、
飲みニケーションを推奨している方や、企業もあるのも事実です。

 

 

様々な見方ができる「お酒」を通したコミュニケーションですが、
本当のところ、飲みニケーションは良いコミュニケーションなのか?

はたまた、必要のないものなのでしょうか?

ここでは、お酒を飲んで得をした事3つのポイントでご紹介します。
あなたは飲みニケーションは好きですか?

 

 

ポイント1 若者のお酒離れはホント?!

お酒は最高のコミュニケーションツール?!お酒を飲んで得した事を3つご紹介!

 

 

某大手企業が20代〜30代の会社員に、
「会社で飲み会に誘われたら嬉しいか」というアンケートを取ったところ、
6割以上「嬉しい」「やや嬉しい」と回答。

過半数の若い人達が、飲み会に対して、
ポジティブなイメージを持っていることがが分かっています。

現代の若い世代でよく聞く「お酒」のイメージなどから見ると、
意外性のある回答結果です。

 

 

又、違う大手企業のアンケートで、
「お酒の力で実現出来た事は何か?」という質問に、
約5割以上の20代〜30代の会社員が、
「上司との関係が良くなった」と答えています。

お酒を通して、人間関係の改善が見られるという、貴重なアンケートですね。

 

 

最近、若者のお酒離れがニュースなどでも話題に上がりますが、
民間企業独自のアンケート調査を見ると、思っていたよりも、
お酒を飲んでコミュニケーションを取る事に、
嫌な感じはしないのだなと分かります。

 

 

しかも、プライベートでの仲間内の飲みニケーションではなく、
仕事を通した飲み会の場での若い世代のアンケート結果なので、
ニュースなどで言われている事と、
実際のアンケートでの本音が少し乖離しているのかも知れません。

 

 

若者だけではありません。

会社の上司から見ても、お酒を飲みながら自分の部下と話をする事は、
普段は部下が、なかなか上司へ話せない意見や、相談を受けれる絶好の機会です。

お酒の力を借りて、お互いの関係を良好にするのは、昔から変わらないですね!

ニュースで伝えている程、お酒離れは進んでいないのかもです。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

ポイント2 何故、飲み会が良いのか?

もし、世界に「お酒」の存在が消されて、
飲みニケーションの文化が無くなったとします。

ある日、上司が部下に、
「今日、帰りにパンケーキでも食べに行こう!」と誘ったとします。

コーヒーとパンケーキで、2時間や3時間話をして、意見や提案や相談を受ける。

そんな本音を語れる場ができますでしょうか?

 

 

人によっては、可能かもしれませんが、
いつもなかなか言えない、上司への相談や意見は、
コーヒーでは言いづらい部分があります。

なぜならば、お互いの本音が語れるようになる、
「気が緩む」という事が少なくなるからです。

お互いにアルコールが入り、気持ちも緩くなり、
なんとなくの高揚感の中にある事で、
普段言いづらい、相談しづらい事が言えたりしますよね。

 

 

パンケーキ屋さんから見ても、
1杯のコーヒーとパンケーキだけで2〜3時間居座られるのは遠慮したいものです。

飲みニケーションというのは、実は手軽で適度な時間の会合の手段なのです。

 

 

ポイント3 飲みニケーションは肩の力を抜いた打ち合わせ

お酒は最高のコミュニケーションツール?!お酒を飲んで得した事を3つご紹介!

 

 

仕事をしている会社員ならば、必ず取引先との打ち合わせがありますね。

打ち合わせが終わった後、相手方ともっと関係を深めるにはどうするか?
と考える事もあります。

そこで、一番手軽なのが「飲みニケーション」です。

 

 

多くのサラリーマンは、取引先との懇親を、お酒を通して深めていきます。

大事な取引先なら、なおさらですね!

何故、飲みニケーションをするのか?

お酒を互いに飲んでコミュニケーションを取る事で、
昼間の打ち合わせとは明らかに違う、「肩の力を抜いた打ち合わせ」が出来ます。

 

 

食は人の心の警戒心を緩くします。

お酒が入ると、更に気持ちが緩みますから、
お互いの仕事を超えた、プライベートの話なども出来るようになり、
お互いの関係が深まるのです。

仕事で飲み会は「古い」「オワコン」など、様々な見解もありますが、
仕事相手とお酒を飲むという行為は、いつの時代も大切にされてきています。

仕事とお酒は切っても切れない関係なのかもしれません。

 

 

お酒は最高のコミュニケーションツールのまとめ

いかがでしたでしょうか?

お酒は飲み過ぎれば毒になりますが、
飲みに行く相手がいて、一緒に楽しく飲み
気が緩んだコミュニケーションを取れる事で、関係性が良くなることができれば、
非常に良いコミュニケーションツールではないでしょうか?

 

 

お酒を飲む事で、一番得するのは、
良い人間関係や仕事関係を築いて行ける事ですね。

 

 

是非、一緒に飲みにいきたい!という仕事仲間を増やしていってみるのも、
社会で成功していく秘訣ですね!

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。