アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒を飲むと眠くなるのはどうして!?弱いほど眠くなるの?

すごく楽しい飲み会で、お酒もおいしく、料理もおいしく、
飲み会のメンバーも気が合う人たちが多く、
まだまだ長い時間たのしみたいなぁと思っていた矢先、
すごい睡魔が襲ってきた!みたいな経験、あなたにもありませんか?

また、なかなか寝付けない日や毎日寝る前にお酒を飲んで、
寝るという方も多いんではないでしょうか。

確かに、お酒を飲むことにより眠たくなり、すぐに寝れるという経験もありますし、
飲み会で突然、寝だしてしまう人を見たこともあります。(笑)

 

 

ですが、それはアルコールによる作用が働いているのか、
それとも違う要素があるのかなぁという疑問がでてきます。

しかも、アルコールを飲んで寝た日はなんだか、
夜に目が覚めてしまうという経験はありませんか?

 

 

お酒が弱い人ほど、眠くなりやすいというイメージもありますが、
それは本当なのか、
そもそもどのようなメカニズムで眠くなるのかというものも
今回お話していきたいと思います!

 

 

なんでお酒を飲むと眠たくなるの?

お酒を飲むと眠くなるのはどうして!?弱いほど眠くなるの?

 

 

そもそもアルコールのどのような作用で、眠たくなるのでしょうか。

 

 

アルコールというのは、正確にはエチルアルコールと言われているものになります。

このエチルアルコールは、中枢神経にたいして抑制的に働きます。

この中枢神経の役割というのは、全身に様々な指令を送ります。

すなわち、中心的な役割を担っているということです!

 

 

具体的にいうと、
呼吸を管理したり、体温を調整したりという根幹となる機能を制御しています。

睡眠に入る前というのは深部体温という体感の温度が下がり、末端の温度が上がる。

そして、呼吸が深く、そして回数が減るという段階を踏みます。

完全にアルコールが、睡眠にかかわることがわかりますよね!

 

 

また、実際に睡眠時の脳波を調べてみると、
お酒を飲んでいるときは飲んでいないときに比べて、
睡眠の早い時期にノンレム睡眠の割合が増え、逆にレム睡眠が減っていきます。

ノンレム睡眠は、深い睡眠であり、レム睡眠浅い睡眠です。

 

 

余談ですが、レム睡眠の時には、目がギョロギョロと動き、夢を見ます

だから、起きる直前に、夢をみるんですね!

このように実際に脳波をみても、
お酒を飲むと寝つきがよくなる感覚、催眠作用が起こることがわかります。

 

 

また、アルコールには違う作用もあります。

抗不安作用と呼ばれるものです。

簡単に言うと、リラックス作用もあるため、
眠る前に考え事をしてしまい寝付けないという人にとっては
寝つきがよくなるということです。

確かにくよくよと考えていることも
お酒を飲んでいるときはどうでもいいと思うことありますよね。

まぁ酔いがさめるとまた悩んだりしてしまうんですが、、、(笑)

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

お酒が弱い人ほど眠くなるの?

お酒を飲むと眠くなるのはどうして!?弱いほど眠くなるの?

 

 

アルコールというのは、体に害なので、分解されて排泄されていきます。

アルコールは2段階で分解されます。

 

 

まず、アセトアルデヒドに、そしてその後、酢酸へと分解されます。

アセトアルデヒドへと分解される際の酵素は、活性であり、
酢酸へと分解される際の酵素が不活性な人はいわゆるお酒が弱い人と呼ばれるます。

このアセトアルデヒドが、体に影響を与えます。

 

 

酢酸への分解が遅くなるとその分、
アセトアルデヒドが体内に蓄積し、アセトアルデヒドの影響を受けやすいです。

この影響というのは、上述したものが睡眠にかかわるものです。

そのほかにも倦怠感気分不快などがあります。

 

 

それで、結局眠る前にお酒を飲むということはいいのかということをお話したいです。

確かに寝つきはよくなることは、これまでお話してきたとおりです。

 

 

ですが、中枢神経が抑制されることにより、
アルコールの作用による色々な弊害も起こります。

まず、利尿作用が挙げられます。

利尿作用のせいで夜中トイレに行きたく目も覚まし、
睡眠の質が下がるということも多いです。

 

 

またアルコールには筋弛緩作用もあり、
十分な呼吸が得られず熟眠感が得られないという報告もあります。

ですので、アルコールは睡眠の質を下げると言えます。

 

 

お酒を飲むと眠くなる理由のまとめ

いかがでしたでしょうが?

飲み会などのときに酔っぱらって眠くなるメカニズムを理解していただけたでしょうか。

アルコールには、色々な作用があるということが改めて再確認されました。

 

 

アルコールが分解されていく過程の中で、
アセトアルデヒドという物質が中枢神経を抑制することが睡眠に関与しているんですんね!

そのアセトアルデヒドを分解する酵素がお酒が強いか弱いを決定するものなので、
やはりお酒が弱い人はすぐ寝ちゃう傾向にあるようです。

ですが、睡眠の質を下げる原因にもなるようですので、
できるだけ寝る前にはお酒は飲まずに寝たいですね!

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。