アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

世界の下戸の割合とは?〜日本と世界のアルコール事情を知ろう〜

下戸や上戸、という言葉そのものは、あなたも
1度や2度、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

お酒が飲めない人や、飲めても少量で顔が赤くなる
といった、アルコールに弱い人のことを指す、下戸に対して
定期的な一定量の飲酒ができる上戸の人も、意外と少なくないもの。

 

 

では、世界に目を向けると、その実際はどうであるのかー
こちらの記事では、そんな下戸にまつわる
一般的な基準と世界での割合に、フォーカスしてみました。

下戸・上戸を問わず、コミュニケーションの一環としても
活用しやすい内容にまとめてみたので、ぜひ最後までチェックしつつ
今後のお酒との付き合い方のヒントにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

そもそも下戸の基準とは?

世界の下戸の割合とは?〜日本と世界のアルコール事情を知ろう〜

 

 

では初めに、下戸と呼ばれる人によく見受けられる
基準となる特徴や傾向について、お伝えしていきましょう。

自分自身はもちろんのこと、周りの人の様子を知る
1つのきっかけにもなるので、お酒を飲む方は
ぜひこれらの基準を、押さえておいてくださいね。

 

 

アルコールアレルギー

最も分かりやすい基準としては、そもそもお酒が飲めない
命に関わる、といったアレルギー体質の有無

 

 

例えば、アルコールアレルギーの方によくあるケースとしては
お酒のみならず、消毒用アルコールなどでも手荒れする
といったシチュエーションは、決して珍しくありません。

下戸と一口に言っても、アレルギーの強弱によって
少しは飲める、なんて方も少なくないのではないでしょうか?

 

 

遺伝

こちらも、アレルギーに次ぐ定番の背景ですが、家族や身内
下戸やお酒が飲めない人が多い場合も
遺伝として下戸になりやすい傾向があります。

 

 

周りの人がお酒を飲まない、ということは、必然的に
飲酒の回数も少なくなるため、お酒に耐性がつきにくくなる
という理屈も、無理はありませんよね。

また、自覚は無かったけれど、アレルギーテストや精密検査をした結果
遺伝的にアルコール耐性が低かったと判明するパターンもあるので
気になる場合は、ぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

体調を崩しやすい

表面的に一目瞭然とも言える、下戸の基準としては
お酒を飲んで体調を崩すか否か、といった部分ですよね。

 

 

顔が赤くなる、吐き気を催す、頭痛、立ちくらみ、冷や汗など
分かりやすい傾向は、人によって異なりますが
お酒を飲んでほど無く、体調不良に陥る場合も、下戸であると言えます。

また、深酒をしていなくとも、寝酒してしまう場合
本来はアルコール耐性が高いわけではないので
こういったケースも、気をつけておきたい部分になります。

 

 

原材料の好き嫌い

意外性という意味では、最も認知されにくい部分ですが
麦や芋といった、穀物をはじめ、ぶどうなどといった
原材料がそもそも苦手という方も、一部では下戸と呼ばれます。

 

 

お酒を作る過程で、既にアルコール以外の苦手なものが含まれている
と知っているからこそ、飲酒に乗り気ではなくなるというもの。

単なる好き嫌いだけなのか、原材料そのもののアレルギーなのか
そうした部分でも判断の分かれ目になると言えます。

 

 

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

世界の下戸の割合とは?

世界の下戸の割合とは?〜日本と世界のアルコール事情を知ろう〜

 

 

では実際のところ、これら下戸の基準
世界ではどの程度で認知されているものなのかー
この部分についても、併せて確認していきましょう。

 

 

そもそも、日本人を含むモンゴロイド系の人種
とりわけアルコール耐性が低いということが
科学的にも証明されている事実を、ご存知でしたか?

これは、中国・韓国・朝鮮半島などの人にも共通する傾向であり
日本人の場合、なんと国民の約40%の人は、ALDH2の活性が低く
毒性の強いアセトアルデヒドが体内に残りやすい状態であると言えます。

 

 

この事実を基に、世界のアルコール事情を見てみると
ヨーロッパ系やアフリカ系の人々の場合、このALDH2の活性が
比較的活発
であることがよく分かります。

現に、ドイツやイタリアでは、ビールやワインが名産以前に
食文化として定着している他、ウォッカのイメージが強いロシアでは
アメリカなどと同様、ビールやシャンパンも飲酒時の定番となっています。

一方の、タイやマレーシア、カナダに関して言えば、他の国に比べて
そもそも飲酒に対するハードルが高く、宗教的な理由や
治安維持を目的とした規制など、安易にお酒を入手しにくい環境があります。

 

 

こうした違いを踏まえつつ、日本の風土を改めて見てみると
酒類の入手や販売には、十分に事足りた環境こそあるものの
体質的には海外以上にお酒に弱い人が多いことが、よく分かりますよね。

アメリカをはじめとする海外では、お酒が飲めないという概念
通用しにくい部分も多いため、不安な時や旅行の際は
「I’m allergic to alcohol」と伝えましょう。

 

 

日本と世界のアルコール事情を比べてみよう

ここまでご紹介してきた、日本と世界の下戸の実情について
少しでも、気になる部分は見つけられましたでしょうか?

世界規模で見る下戸と、日本国内における下戸ー
それぞれの基準や割合を知ることで、少なからず
歴史や食文化の見え方も変わってくることが、よく分かりますよね。

 

 

自分自身のアルコール耐性はもちろんですが
自分の周りの人が、どれほどのアルコール耐性を持っているのか
こうした部分に意識を向けるのも、重要であるということ。

お伝えしてきた、日本と世界の下戸の様相を、1つのきっかけにしつつ
ぜひあなたも、お酒との付き合い方や、飲酒の在り方
振り返ってみてはいかがでしょうか?

.

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

下戸を克服する裏技!

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技!

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法でグイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技 坂上太一

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。