アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

下戸こそ知りたいノンアルコールとソフトドリンクの違いについて

お酒が飲めない、あるいは極端にアルコールに弱い
いわゆる下戸の人は、国内外を問わず、一定数いらっしゃいますよね。

そんな下戸の人にとって、大きな味方でもあり
大事な選択肢となっているものといえば、ずばり
ノンアルコールドリンクやソフトドリンクではないでしょうか?

 

 

そこで、この記事では、お酒が飲めない人だからこそ知っておきたい
ノンアルコールとソフトドリンクの違いについて、ご紹介します。

どちらもバリエーションが豊富であることは
まさに周知の事実である、と言っても過言ではありませんが
その違いや特徴を、明確に認識している人は、意外にも少ないもの。

こちらでご紹介していく、ノンアルコールとソフトドリンクの違いを
改めて押さえつつ、お酒の席で、下戸ならではの話題や豆知識として
ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

ノンアルコールドリンクの特徴について

下戸こそ知りたいノンアルコールとソフトドリンクの違いについて

 

 

ノンアルコールドリンクと呼ばれるものの特徴には
どのようなものがあるのか―

いくつかの条件がありますが、その中でも、基本条件となる
以下2つのポイントを、ご紹介しておきましょう。

 

 

アルコール成分が0.00%

ノンアルコールドリンクの広告やホームページでは
0%ではなく、0.00%と表記されていることが多いですよね。

これは、アルコール成分の含有量が1%未満のものの総称
ノンアルコール飲料(ドリンク)と定義されていることに
起因していると言えます。

 

 

また、酒税法上、アルコール分1度以上のものは
原則として、アルコール飲料(ドリンク)にカウントされる
という規定を踏まえておくことも、重要な条件の1つです。

アルコール分が確実に0%であることを、より明確に表記する意味でも
四捨五入して0%が保証されていることは、ノンアルコールドリンクの
大切な特徴であると言えます。

 

 

分類上は酒類に該当

アルコール分が、0.00%である前提ならば、本来は
ソフトドリンクに振り分けられても、おかしく無いところ―

ですが、居酒屋さんやスーパーマーケット・コンビニでも分かる通り
ノンアルコールドリンクは、あくまでも酒類に分類されます。

 

 

この背景は、比較的シンプルなものですが
そもそも、開発・製造段階で、20歳以上の成人に向けた
推奨、飲用を想定したものである、というのが理由になっています。

厳密な食品区分としては、清涼飲料などと同じ扱いになるものの
製造元やメーカーの方向性・販売目的を鑑みるとき
酒類に分類する方が便宜上都合が良い、ということになります。

 

 

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

ソフトドリンクの特徴について

下戸こそ知りたいノンアルコールとソフトドリンクの違いについて

 

 

では、一方のソフトドリンクにまつわる、基本的な特徴や条件には
どのようなものが挙げられるのでしょうか?

こちらも、以下2つのポイントに分けながら
改めて、その内容をチェックしていきましょう。

 

 

清涼飲料と同義

そもそも、ソフトドリンクとは、アルコールを含む
ハードドリンクの対義語として成立するものとなっています。

そんなソフトドリンクだからこそ、日本国内においては
清涼飲料と凡そ同義として、広く認知されています。

 

 

清涼飲料品は、食品衛生法内で、以下の規定が設けられています。
・乳酸菌飲料、乳および乳製品を除く、アルコール分が1%未満の飲料

よって、この規定にかからないドリンク・飲料に関しては
ミネラルウォーターやコーヒー、炭酸水を含む全てを
清涼飲料としてカウントすることができるということですね。

 

 

ジュースと区別できる

ソフトドリンクはジュース」―
その認識が通じるのは、意外にも、日本国内に限った話です。

言語的な違いにもつながる部分ですが
実は、英語と日本語で、ソフトドリンクの
根本的な意味合いが、若干ですが異なってきます。

 

 

英語圏でいうところのソフトドリンク(Softdrink)は
基本的にソーダや炭酸飲料を指し、水やコーヒーは含みません。

また、英語圏でジュース(Juice)と呼ばれるものの多くは
主に果物・野菜などの搾り汁、といったニュアンスが強く
濃縮還元でない100%のオレンジジュースなどを指します。

日本では、ソフトドリンク=ジュースを含む清涼飲料
英語圏では、ソフトドリンク=炭酸飲料 / ジュース=果汁
こうした違いも、ソフトドリンクの意外な特徴であると言えます。

 

 

下戸こそノンアルコールとソフトドリンクの違いを知ろう

こちらでお伝えしてきた、ノンアルコールドリンクとソフトドリンク
主な違いについて、いかがでしたでしょうか?

お酒が好きな人の場合、その多くは、いずれもアルコールを含まない
いわばジュースのようなもの、といった、大まかな区別に止まるのが
一般的な結論となりやすいもの。

 

 

その詳細をあえて掘り下げることで、下戸ならではの知識として
新たな角度から、お酒や飲みの場でのコミュニケーションにも
繋げられる点では、まさに知っておいて損は無いと言えますよね。

ご紹介してきた、ノンアルコールドリンクとソフトドリンクの違い
1つのきっかけにしつつ、ぜひ下戸のあなただからこそできる
話のネタを、探してみてはいかがでしょうか?

.

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

下戸を克服する裏技!

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技!

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法でグイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技 坂上太一

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。