アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

これはすごく酔いました~ライム割り、ズブロッカ、濁酒~

今回は当サイトの読者さん(20代女性)の方から、
お酒に関する体験談を頂きましたので、ご紹介いたしますね。

 

 

私が社会人になってから飲んだお酒できつかった種類についてお話します。

ライム割りなどのリキュール割りが流行ったことやウォッカ並みの強いお酒、
そして甘くて飲みやすい濁り酒を飲んだ時のことです。

かなり酔ってしまいましたが、職場や家族の絆が深まったと思っています。

 

 

珍しいお酒があると会話も弾み、場も盛り上がります。

そんな時に、自分だけ注文しないとみんなの輪の中に入れないというところがあります。

群集心理というものでしょうが、こういう場合には付き合いも大切です。

 

 

チュウハイが流行った頃のライム割

これはすごく酔いました~ライム割り、ズブロッカ、濁酒~

 

 

焼酎のレモン割りライム割りなどのジョッキーで出すお酒が流行った時期がありました。

こういったお酒のチェーン店が全国に瞬く間に出店をしていきました。

私は家族と一緒に、そのような居酒屋へ行くことがよくありました。

 

 

甘いのと口ざわりがいいので、一気に飲み進めました。

その日は、いつもより多く飲みすぎてしまい、重苦しい酔いが回ってきました。

ライムの香りが鼻をついて、さらに気分が悪くなりました。

 

 

普段は大量には飲んで悪酔いすることはないのですが、
薄く割っているということで安心してたくさん飲むとひどいことになるということです。

しかし、家族で行く居酒屋の団欒としては、楽しい時が過ごせたと思います。

お酒には加減が大切ですが、それも経験から来るものなので、
まずは酔ってみて自分の限界や酔い方を知ることが大切です。

 

 

それにしても、他のお酒などと違ってアルコール度数が低いにも関わらず、
こんな状態になるとは思いもよりませんでした。

しばらくはライム風味が抜けず、ひどい気分の日が続きました。

よくチャンポン(別種類のお酒を混ぜて飲むこと)は悪酔いするとは聞きましたが、
一つの種類を徹底的に飲むのも禁物なのだと失敗して初めて理解しました。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

ズブロッカとは何でしょう

アルコール度数の高いお酒として有名なテキーラなどは試し飲みしてみたことはありました。

しかし、ズブロッカなるものは、その名前を聞くのも初めてでした。

ポーランドでとれるバイソングラスという草を漬け込んだウオッカということです。

 

 

ウオッカ自体は、度の高いお酒ですが、
この草を漬け込むことで、柔らかな香りまろやかな飲み口になるのです。

私はそれまで、ウォッカも飲んだ経験がありませんでしたので、
味やきつさの想像もつきませんでした。

 

 

ある時、職場の飲み会で行ったバーでこのお酒がたまたま出てきました。

誰かが珍しがって注文したのです。

みんなで飲んでみることになりました。

 

 

小さなグラスでしたが、多くは飲めませんでした。

一口目からきつい感じが喉に来ました。

見た感じは、無色透明に近いです。

牧草のような草が液体の中で立って漂っています。

 

 

変わったお酒を飲むことで、
話題になったり日常生活の刺激になったりすることはあります。

強いお酒は、味見する程度が懸命な飲み方です。

しかし、時には職場の人間関係を大切にするために
付き合いで思い切って飲んでみることも大切です。

 

 

濁酒の甘くて苦い思い出

これはすごく酔いました~ライム割り、ズブロッカ、濁酒~

 

 

濁酒とは、濁り酒のことです。

どろどろしていて、濁った日本酒です。

生産場所によっては、ピンク色をしているなど種類もあります。

アルコール度数も結構高めですが、何より飲みやすくて甘いという特徴があります。

 

 

ある時、一年間勤め上げたプロジェクトが終了したので、
打ち上げをすることとなりました。

市内にある大きめの居酒屋で、宴会が行われました。

互いの苦労をねぎらって、みんなで盛り上がっていました。

 

 

私も色々な重圧から開放されたことで、晴れやかな気持ちでお酒が進みました。

誰かが濁酒を注文したので、みんなで飲んでみようということになりました。

甘く口当たりがいいので、ついつい飲みすぎて深酒をしてしまいました。

 

 

帰る挨拶をして、皆より早めに居酒屋を出ようとしたのですが、出口が分かりません。

迷って移動しているうちに、従業員の私的な家の方へ言ってしまい、
びっくりされるという失態を犯しました。

翌日も気持ち悪さが続き、ずる休みをしました。

 

 

教訓として、前後不覚のマナーなし酒飲みにはなってはならないと自分自身に誓いました。

しかし、その夜の宴会は本当に気持ちが晴れやかで楽しかったことは事実です。

甘くて口当たりが良くても、アルコール度数の強いものは、ほどほどにすべきです。

 

 

すごく酔ってしまったお酒のまとめ

お酒は、適度に飲めばストレスを解消し、心の健康を保つには大切なアイテムです。

また、人とのつながり交流などのコミュニケーションを図るには、
効果的なツールと言えます。

 

 

しかし、マナーと健康を考えた適切な飲み方を経験から知って、
自制心を持って飲むことも大切です。

そうしないと、周りに大きな迷惑をかけ、
せっかくの楽しい気分が台無しになるからです。

お酒のよい効果を生かすためにも、きれいな節度ある飲み方が必要です。

 

 

今回は当サイトの読者さん(20代女性)の方の
お酒に関する体験談をご紹介いたしました。

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。