アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒に関する豆知識!焼酎の種類と特徴を3つのポイントでご紹介!

焼酎はお好きですか?

居酒屋さんや、焼き鳥屋さんへ行くと、焼酎は気軽に飲めちゃう印象があります。

反対に、焼酎が苦手な方もいたりしますよね?

 

 

「焼酎」と一言で言っても、
サワーから有名酒造さんのものまで幅広く色んな種類のものがありますよね。

そんな焼酎ですが、そもそも焼酎とはどんなお酒なのか知っていますか?

意外と知らない方が多かったりします。

ここでは、焼酎について3つのポイントでご紹介致します。

 

 

ポイント1 焼酎ってどんなお酒なの?

お酒に関する豆知識!焼酎の種類と特徴を3つのポイントでご紹介!

 

 

焼酎名前の由来を知っていますか?

お酒の分類として、焼酎は「蒸留酒」というお酒の分類になります。

蒸留酒とは、簡単に言うと、
もろみ(麹・水・酵母を発酵させた、かゆ状のお酒の元)を
加熱・沸騰させて作るお酒の事を言います。

 

 

中国語で蒸留酒の事を「焼酒(シャオジュウ)」と表現し、
焼酎はこの中国語・焼酒から来ているという説があります。

また、「酎」とは、”強い酒”という意味で焼酒と酎が混ざった事で、
現在の「焼酎」という名前になりました。

先ほど説明した「蒸留酒」ですが、世界のお酒を見ると、
ウイスキー・バーボン・ブランデー・ウォッカも蒸留酒の仲間です。
基本的に蒸留酒は、アルコール度数が高いお酒が多いですね。

 

 

話を戻しまして、焼酎ってどんなお酒なの?という疑問ですが、
焼酎は2種類のタイプに分かれます。

「甲類」「乙類」です。
「甲乙つけがたい」という言葉がありますが、
これは焼酎から来ているんですよ。

 

 

甲類と乙類何が違うのかというと、その「製造方法」にあります。

同じ蒸留酒でも、
連続式の蒸留機で蒸留され、アルコール分36度未満のものを「甲類」といいます。

単式蒸留機で蒸留され、度数45度以下のものを「乙類」といいます。

 

 

特徴はというと、
甲類は、すっきりした丸みのある味で、
いろんな飲み物に割ってもおいしく飲める焼酎です。

甲類の焼酎が使われるのは主にサワー系のお酒ですね。

ご家庭で「梅酒」を漬ける際に使う「ホワイトリカー」も甲類焼酎の仲間です。

 

 

乙類は、別名「旧式焼酎」とも言われ、古くから作られている製法なんです。

こちらは「本格焼酎」と言われて、
鹿児島の芋焼酎 壱岐の麦焼酎 球磨の米焼酎など、
原料の特性が良く出る焼酎なんです。

沖縄の有名な「泡盛」も乙焼酎ですね。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

ポイント2 各本格焼酎の特徴と味わい

乙焼酎の中でも、
薩摩の芋焼酎(鹿児島)・球磨の米焼酎(熊本)・壱岐の麦焼酎(長崎)の3つを
3大焼酎といいます。

この他にも、そば焼酎、しそ焼酎、泡盛など様々な本格焼酎がありますが、
こちらの3大焼酎のご説明を致します。

 

 

1.薩摩の芋焼酎(鹿児島県)

鹿児島が名前にもなってる「薩摩芋」が原料。

私たちが食べている薩摩芋とは違う品種で、
焼酎用として使う芋は、皮が白く、でんぷん質量を多く含む芋を使います。

芋焼酎は、蒸し焼きにした薩摩芋の香りがして、原料の特徴がそのままお酒に現れます。

 

 

鹿児島では「お湯割り」がポピュラーですが、
水割りやソーダ割も大変人気です。

どの割り方をしても、風味のバランスが崩れない特徴があります。

 

 

2.壱岐の麦焼酎

長崎県下で2番目に広い穀物地を有している壱岐は、
昔から穀物の稲作が盛んで、「麦焼酎発祥の地」なのです。

原料は大麦を使用。

大麦の中でも「二条大麦」を使っています。

 

 

すっきりとしたドライなものが多く、麦を焦がした香ばしい香りが特徴です。

軽快な辛口タイプの焼酎で、近年はソーダ割が人気です。

昔から飲んでいる方にとっては邪道かもしれませんが、
これからの若者に受けるソーダ割大変美味しく人気なんです。

 

 

3.球磨の米焼酎

熊本県の南端、人吉・球磨地方が発祥の焼酎です。

なんと、約500年前の室町時代から米焼酎が作られていたんです。

歴史を感じますね。

 

 

現在も約28の酒蔵が米焼酎を作っているんです。

米の芳香な香り深いコクが楽しめるのが特徴です。

焼酎初心者でも飲みやすい軽い飲み口のものから、
玄人受けの深い味わいのものまで、幅広い味わいのものがあります。

こちらは、お湯割りか、水割りがおすすめです。

 

 

ポイント3 焼酎に歴史あり!日本酒よりも長い歴史?!

お酒に関する豆知識!焼酎の種類と特徴を3つのポイントでご紹介!

 

 

蒸留という技術は、
実は14世紀タイから伝えられた事がきっかけに始まったとされています。

文献では、
室町時代には既に焼酎は人々の生活の中に定着をしていたという証拠も発見されています。

その当時の焼酎は「米焼酎」飲みだったといいます。

 

 

現在の芋焼酎や麦焼酎などが作られるようになったのは、
江戸時代に入ってから造られたのです。

そう考えると、球磨の米焼酎最も歴史が古いお酒なのですね。

「日本酒」という概念もなかった頃ですから、
焼酎は様々な歴史を見てきたお酒なのかもしれません。

 

 

江戸時代に芋焼酎などが出来たきっかけというのが「年貢」なのです。

当時、米が年貢の対象になっていましたから、
米はとても貴重なものとされていました。

その為、焼酎造りに利用するのが難しい米の代わりに、
芋や麦を試行錯誤して、焼酎を作ったのです。

これが現在の様々な焼酎につながっているのです。

 

 

近代の明治に入ると、技術の進歩が目覚ましく、
焼酎が「甲類」と「乙類」に分類、生産する事が出来るようになり、
今の時代まで受け継がれています。

 

 

焼酎の種類と特徴のまとめ

いかがでしたでしょうか?

「焼酎」という言葉の中に様々な種類と歴史を持っている、
とてもロマンのあるお酒ですね。

 

 

まとめてみると、

・焼酎は日本の蒸留酒

・焼酎には「甲類」と「乙類」がある

甲類サワーに使われる割物用焼酎

乙類本格焼酎で様々な焼酎がある

・薩摩の芋焼酎は「薩摩芋」が原料

・壱岐の麦焼酎は「大麦」が原料

・球磨の米焼酎は「米」が原料

米焼酎室町時代からの歴史のあるお酒

江戸時代芋・麦焼酎が出来た

となかなかボリュームのあるお酒ですね。

 

 

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。