アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

下戸の人の体質とは?お酒が飲める人と飲めない人の違いについて

下戸と呼ばれるお酒が飲めない人たちが持つ
主な共通点と言えば、あなたはどのようなものをイメージするでしょうか?

アルコール耐性の有無や、体質による部分などー
家系を中心とした、様々な背景が挙げられますよね。

 

 

そこで今回は、下戸の人が持つ体質をはじめ
お酒が飲める人と飲めない人の違いや特徴をご紹介します。

お酒にまつわる人付き合いを、より円滑にする意味で
あるいは、お酒の席における1つの豆知識にもしていただける
そんな内容にまとめてみました。

こちらの記事を最後までチェックしつつ、下戸・上戸ともに
ぜひお酒との付き合い方を振り返るきっかけにしてみてくださいね。

 

 

下戸の人の体質とは?

そもそも、下戸と呼ばれる人の身体や体質には
どのような特徴や傾向があるのか、気になるところですよね。

 

 

下戸の人が持つ、最も基本的な特徴としては、ずばり
アセトアルデヒドの分解酵素・ALDH2が少ない低活性型である
ということが挙げられます。

この低活性型と呼ばれる体質は、日本人全体の約40%が該当するほど
実は、比較的よく知られた傾向の1つであると言えます。

 

 

アセトアルデヒドとは、お酒を飲んだ後、肝臓で毒化される
アルコール分解後の有毒成分の一種です。

このアセトアルデヒドを、コンスタントに分解してくれる酵素
ALDH2(アセトアルデヒド脱水素酵素2)と呼ばれます。

そして、このALDH2の活性型(NN型)・低活性型(ND型)・不活性型(DD型)は
それぞれ順番に、一定量のお酒を飲める人、お酒は飲めるが弱い人
アレルギー体質で全く飲めない人、といった具合に分けられます。

 

 

ですが、これらの型は、その実際
遺伝子により、生まれた時点で決まっている部分でもあるため
下戸を克服することは、本来容易では無いことが分かります。

事実、アナフィラキシーを含むアレルギー反応を持つ人は
いわゆるDD型に該当し、命に関わる問題にもなってくるため
この型の人の多くは、ノンアルコールやモクテルを楽しんでいます。

 

 

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

お酒が飲める人の特徴

下戸の人の体質とは?お酒が飲める人と飲めない人の違いについて

 

 

では、下戸と呼ばれる人の体質的な特徴を知った上で
今度はお酒が飲める上戸の人の様子を紐解いていきましょう。

ずばり、お酒に強い人や、お酒が飲める人には
下戸の人には少ない、ALDH2が多くある、という理論が見えてきます。

 

 

このALDH2の活性が高い人は、基本的にアルコール耐性が高く
DNAレベルで組み込まれている素養でもあるため、一部の人の中には
頻繁にお酒を飲まなくても、酔いにくいといった声すら存在します。

飲み歩ける人や、お酒の購入頻度が高い人、晩酌の習慣がある人の多くは
そもそも家系全体で見ると、身内としてお酒に強い人が多い
といった背景も、比較的よく見受けられるパターンであると言えます。

 

 

また、こうした家系で育つ人の多くは、必ずおつまみやアテなど
食事を挟みながら、お酒とのバランスを取る力も培われていくため
必然的に、お酒との付き合い方を常に意識できるようになるということ。

だからこそ、一部の下戸の人の中には、このように
お酒との付き合い方や嗜み方をよく知る人と
一緒に飲む方が自制しやすいという声もあります。

 

 

お酒が飲めない人の特徴

下戸の人の体質とは?お酒が飲める人と飲めない人の違いについて

 

 

では、最後に改めて、お酒が飲めない人にありがちな
傾向や特徴についても、振り返っておきましょう。

上戸の人から見える、下戸の人の様子はもちろんのこと
下戸同士でも気をつけたい部分は、やはり一定数存在しますよね。

 

 

前述した通り、そもそもDD型のアレルギー体質と呼ばれる人たちは
家系としてお酒が飲めない体質を引き継いでしまうため
必然的に、お酒の席や飲み仲間とは疎遠になりがちです。

家系全体にアルコール耐性が無い中で、自然発生的に
NN型やND型が生まれるケースもありますが、基本としては
やはりDD型に近いDNAや遺伝子である、という認識は強まるもの。

 

 

また、こうした構え方や、精神的な負担によって、あるいは
それ以外の理由から、お酒を飲んだらすぐに顔が赤くなったり
冷や汗が出るなど、分かりやすい変化が現れやすいのも、下戸の特徴です。

体質的にお酒が弱い分、体調も崩れやすかったり
平衡感覚や三半規管が狂いやすく、めまいや立ちくらみ
といった症状が出る場合も、おおよそ下戸である可能性が高いと言えます。

 

 

また、アレルギーまではいかずとも、お酒を飲む習慣が無い人や
低活性型と呼ばれる人の中には、飲むとすぐに眠たくなる
いわゆる寝酒の傾向がある人も、一定数いらっしゃいます。

このように、下戸はお酒が飲めない、という一点張りを解くと
人によって、お酒への耐性が異なるという真理が見えてくるので
同じ下戸でもどの程度なのか、確認してみることが大切であると言えます。

 

 

下戸・上戸の特徴や違い知るということ

ここまでご紹介してきた、下戸の体質とそれぞれの特徴について
少しでも、今後のヒントにしていただけましたでしょうか?

下戸や上戸の特徴や違いを知ることで
お酒や人との付き合い方を振り返るきっかけにもなりますよね。

 

 

自分自身の体質は、そもそもお酒に強いのか弱いのか
あるいはお酒が飲める方なのか、そうでないのかー

こうした違いやポイントを押さえつつ、ぜひあなたも
自分の体に向き合いつつ、適度なお酒との生活
視野に入れてみてはいかがでしょうか?

.

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

下戸を克服する裏技!

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技!

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法でグイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技 坂上太一

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。