アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒を飲めない人を下戸(げこ)と呼ぶのはなぜ?由来は?

お酒と聞くと何を思い浮かぶでしょうか?

 

 

お酒好きな人にとっては、この時期は、
新年会やプロジェクトでの一仕事を終えた飲み会での席で、
大好きなお酒と料理を前にお酒で喉を潤した瞬間、
「自分はこの1杯のために生きている」と生きがいを感じていますよね。

 

 

そんなおいしいお酒も自己管理能力を超えると他人やお店に迷惑をかけるだけではなく、
「飲酒運転」等も犯してしまいます。

昨今、相撲界では、「日馬富士暴行問題」、「行司による不祥事」なんてこともありました。

しかし、お酒が好きな人もいれば一方では、お酒が苦手な人、嫌いな人もいます。

 

 

会社では、仕事終わりの飲み会への強要も、
「パワーハラスメント(パワハラ)」といわれることもあります。

今回、お酒好きな人ではなく、お酒が嫌いな人お酒が飲めないこと焦点にあげます。

 

 

下戸とは??

お酒を飲めない人を下戸(げこ)と呼ぶのはなぜ?由来は?

 

 

①下戸の意味

お酒が飲めない人のことを下戸(げこ)といいます。

もう一歩深くみると、
下戸とは「酒が飲めない人のこと、酒が嫌いな人」を意味しています(goo国語辞書)。

 

 

また、下戸の人は、遺伝的にアルコール分解能力が低く
そのため、酒を少ししか飲めない人も対象になります。

下戸の対義語として、上戸(じょうご)は、
「酒が飲める人のこと。酒が好きな人」のことを意味しています。

 

 

なお、医者から「お酒が飲んではいけない」と診断を受けた方や、
宗教上の理由から「禁酒」がある人は下戸とはいいません

 

 

②日本における下戸に対する風潮・考え

過去現代での日本における下戸に対する風潮・考えは、どうでしょうか??

現代の飲み会の席では、「私、下戸なので」といった発言に対して、
「飲めなくてもいいよ、いいよ」と同情する人もいます。

 

 

しかし、お酒が飲める人で一緒に飲みたいと思っていた人にとっては、
いざ飲めない人がいると「なんだ、飲めないのか」と、
下戸の人はつまらないといった良くないイメージがあり、素っ気ない態度を取られがち。

 

 

楽しい集まりも酒を飲める人(上戸)・飲めない人(下戸)ともに、
心なしか盛り上がらない雰囲気になってしまいます。

盛り上がらない雰囲気は過去もそうだったのでしょうか??

 

 

日本における下戸の言葉が使われた故事・ことわざから取り上げると、
(1)「下戸の肴荒らし
(意味:下戸は酒を飲まない代わりに、料理を食い荒らすということ)」

 

 

(2)「下戸の建てたる倉も無し
(意味:酒に金を使わないからといって、財産家になったという話も聞かない。

ほどほどに酒を呑んで楽しんだ方がよい)」

 

 

といった2つの故事・ことわざのように、
昔から「酒を飲まない人は良くない」というレッテルが貼られています。

現代社会にも全ての人に当てはまるわけではないが、「酒を飲まない人はよくない」、
また「酒を飲まない人は付き合いが悪い」といった風潮が残りつつあります。

 

 

さらに、下戸の人に対して畳み掛けるかのように、
(3)「下戸の手強
(意味:酒を飲めない下戸は、酒飲みのように簡単にこちらの話に乗ってこないから、
容易に付け入ることが出来ず厄介だということ)」

 

 

といった故事・ことわざまでもあります。

下戸に対する風潮・考えは決してよくないものと捉えることができます。

なぜ、そんなに下戸に対する風潮・考えが良くないものなのか由来を紹介します。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

下戸の由来

下戸の言葉は律令制である大宝律令に由来しています。

今から約1300年前に遡り、大宝律令は、701年に制定された律令です。

中国の律令を手本としてつくられた、本格的な刑法(律)、行政法(令)制度であり、
下戸は、「大戸・上戸・中戸・下戸」と呼ばれる四等戸の最下級にあたります。

 

 

「戸」は課税の最小単位で、家族の人数や資産によって四等戸が決められていました。

具体的には、課役(課税者)が一家に何人いるかが計りとなります。

 

 

課税の目安を比較すると、大戸は、一戸内に八人以上いる家庭、
上戸は、6人以上いる家庭。中戸は、4~5人いる家庭。

一方で、下戸は、課役が3人以下の家庭になります。

 

 

また、婚礼時の酒の量が、上戸は八瓶、下戸は二瓶であったことから、
酒が飲めない人を「下戸」と呼ぶようになり、
酒をよく飲む人を「上戸」と呼ぶようになった由来があります。

 

 

由来から故事・ことわざから下戸に対する「下戸の肴荒らし」、
「下戸の建てたる倉も無し」、「下戸の手強」といった表現も、
由来と風潮・考えと関連付けられます。

 

 

下戸のまとめ

「下戸」の意味は、医学的、宗教上の理由を除いて、
「酒を飲めない人、酒が嫌いな人」と意味し、故事・ことわざから、
過去も現代も「下戸」に対する風潮・考えは、良くないといったものがあります。

 

 

下戸の由来から、過去に身分の低い人といった意味合いがありましたが、
現代の場で下戸というのは、差別的侮辱的な意味を含んでいます。

 

 

自分のことを「私、下戸なんで飲めません」と言うのは、
本人の(自虐的な)表現なので問題ありませんが、
他人に対して「おい、そんなに飲めないのか。下戸だな」と表現するのは、
差別的・侮辱的表現にもあたりますので要注意です。

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。