アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

「お酒を飲めない男子」「お酒を飲める男子」女子にモテるのはどっち?

あなたは「お酒を飲める男子」「お酒を飲めない男子」どちらのタイプですか。

人生には様々な出会いがありますが、あなたが好意を寄せ出会った女性は、
性格もよく、気遣いもしてくれて、一緒にいて楽しい人。

 

 

そんな彼女は、お酒が好きで飲める人。

お酒が好きな彼女は好きな人と一緒にお酒を飲むことが大好きだ。

お酒を飲める女性からすると「お酒を飲めない男子」というのは、
できれば彼に飲んで欲しいというのがお酒を飲める女性の本音です。

 

 

一緒に酒のつまみに合う料理を買いに出かけ、時に作ることもお酒を楽しむことの1つです。

ここから、「お酒を飲めない男子」「お酒を飲める男子」女子にモテるのはどっち?か、
会社での飲み会」、「友人・同窓会での飲み会」、「彼女との飲み会」の、
3つの視点からどちらが女子にモテるか紹介します。

 

 

会社での飲み会

「お酒を飲めない男子」「お酒を飲める男子」女子にモテるのはどっち?

 

 

<お酒を飲めない男子>

お酒を飲めない男子は、飲み会に行ってもお酒を飲んだりすることができません。

お酒を飲めない男子の辛いところは、「○○さん何飲んでるの」と、
上司や同僚から声をかけられた時「ウーロン茶(ソフトドリンク関係の飲み物)」と答えると、
「(もう社会に出ているんだからお酒ぐらい飲もうよ)」と思われ、大抵笑われ流されます。   

 

 

また、最初の乾杯のための飲み物の注文の際、周りが生ビールを頼んでいる中、
ウーロン茶と頼むのはどこか気が引けてしまう状況ですね。

乾杯の前後では「乾杯の時くらいビール飲めよ」と厳しい一言を言われることもありますね。

 

 

<お酒を飲める男子>

お酒を飲める男子は、飲み会ではお酒を飲むことができるので、
一緒に飲んでいる人とどんなお酒を飲んでいるのかと相手の飲んでいるお酒を試飲して、
相手の好きなお酒を聞いて話すことで、より共感も増し、好感度もあがるものです。

 

 

またお互いにアルコールが入っていることで気持ちの良い気分になり、話が盛り上がり
お酒の席でしか聞けない仕事や悩み事打ち明けやすい雰囲気になります。

お酒を飲める男子の方が人間関係も飲み会を通して良くなる傾向とみられます。

 

 

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

友人・同窓会での飲み会

<お酒を飲めない男子>

4人での友人との飲み会。

お酒を飲めない人が少なければ少ないほど、
飲み会もどこか置いてかれているような孤独感を時に感じます。

 

 

幼馴染の友人は飲んでいるのに自分だけ飲めないと、
周りは感じてなくてもお酒を飲めないあなた自身が孤独を感じるものです。 

惨めなことばかりではなく、お酒を飲めない男子は、
1人お酒を飲めないことでドライバーとして友人の飲み会に行くこともできます。

 

 

ですが、できれば、友人と一緒にお酒を飲んで、
羽目を外して昔話や仕事の話で盛り上がりたいですよね。

 

 

同窓会では、お酒を飲めない男子は、学生時代仲の良かった男子、
女子友達からも飲み会の中で「えぇ○○君飲めないの」と仲の良い分、
心にグサリとくる一言も言われることが多いです。

 

 

<お酒を飲める男子>

お酒を飲める男子は、お酒の飲みごたえに一目置かれます

「やっぱ○○はよく飲めるよね」と男子、女子の友達から思われ、
「いつもどれぐらい飲むのか」「晩酌はするのか」と声をかけられやすいです。

 

 

飲める人というのは、どこにいっても「(やるな)」と思われ、飲める人に対して、
お互いに自然と親近感がわき、友人との飲み会や合コンへもよく誘われるようにもなります。

お酒を飲める男子は、合コンに誘われることで、異性との出会いも増え、
お付き合いのきっかけプライベートも充実します。

 

 

彼女との飲み会

「お酒を飲めない男子」「お酒を飲める男子」女子にモテるのはどっち?

 

 

<お酒を飲めない男子>

お酒を飲める彼女の場合、お酒を飲めない男子に対して、お酒を飲める彼女は、
飲み会の場となった時は、お互いに気持ちのよいものではありません。

 

 

また、お酒を飲める彼女側が気持ち良く飲んでいても、
お酒を飲めないことから「お酒を飲めなくてごめんなさい…」という罪悪感を、
その度に溜め込んでしまうものです。

「お酒が飲めない男子」というのもお酒を飲めないことに気が引けてしまいますね。

 

 

また、両家でお酒を飲む機会にも彼氏は飲まず、彼女が飲むというのは、
周りも2人の将来に対して、不安が募ってしまう場となってしまいます。

 

 

お酒を飲めない彼女の場合、相手もお酒を飲めないので、特にお付き合いするうえで、
お互いにお酒が飲めない人同士なので、付き合う上で問題はないでしょう。

 

 

<お酒を飲める男子>

お酒を飲める彼女の場合、お酒を飲める男子に対して、お酒を飲める彼女は、
良きパートナーでしょう。

お酒は一つの趣味(楽しみ)です。

 

 

同じ趣味をもっていると、そのことでお互いを知り、お互いの仲が深まることから、
長く続く傾向があります。

 

 

お酒を飲めない彼女の場合、お酒を飲める男子に対して、お酒を飲めない彼女は、
彼氏(お酒を飲める男子)のお酒を飲む機会を奪わないことです。

彼氏の楽しみの1つは、お酒を飲むことです。

人は誰でも楽しみを奪われると、一緒にいても楽しくなくなってしまいます。

 

 

お酒を飲めない彼女からすると「(飲み代が勿体無い)」と感じるものですが、
飲み代は彼が楽しく生活するためであり、会社での飲み会も人間関係をはじめ、
仕事をしやすくするための機会と捉えてくださいね。

 

 

お酒が飲めない男子・飲める男子、女子にモテるのはどっち?のまとめ

「お酒を飲めない男子」「お酒を飲める男子」女子にモテるのはどっち?について、
「会社での飲み会」、「友人、同窓会での飲み会」、「彼女との飲み会」と、
3つの視点からみてみましたが、やはり「お酒を飲めない男子」よりも、
「お酒を飲める」男子の方が女子にモテるでしょう。

 

 

下戸を克服する裏技!

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技

当サイト運営者が販売している商材です!

当サイトからのご購入で
販売者限定特典付き!

下戸を克服する裏技 坂上太一

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。