アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

下戸の人が多い都道府県とは?お酒に強い人が多い地域をチェック!

アルコール耐性が弱い、いわゆる下戸と呼ばれる人の多くは
お酒が飲めない、あるいは苦手であることが多いですよね。

日本酒が豊富な、日本という国土においても
やはり、一定数の人は、お酒そのものに抵抗を持つものー

 

 

そこで、こちらの記事では、そんなお酒が飲めない・苦手な方にこそ
ぜひ知っておいてもらいたい、下戸・上戸の人が多い
それぞれの都道府県についてご紹介しています!

日本の風土やお酒に対する意識を知る、1つのきっかけとして
ぜひあなたも、最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

下戸の人が多い都道府県とは?

下戸の人が多い都道府県とは?お酒に強い人が多い地域をチェック!

 

 

初めに、お酒が飲めない下戸の人が多い都道府県
トップ3にフォーカスしながら、その背景を見ていきましょう。

 

 

第3位・・・和歌山県 48.23%

国内における梅の生産量の半数を占める和歌山県ですが
下戸の人が多い地域として、最下位から3番目に位置付けられています。

地酒も、梅酒をはじめ、比較的まろやか且つフルーティなものが多く
下戸でも比較的飲みやすいものが豊富な地域であると言えます。

方言の傾向は、全国でも指折りの気の強さが垣間見えるものの
お酒への耐性は決して高くない地域になっています。

 

 

第2位・・・岐阜県 47.88%

地理上、本州の中間に位置する岐阜県は、古くからの民族的な背景から
下戸の人が多い地域性を持っています。

岐阜県の大きな特徴は、県内人口に対する下戸の比率が高い反面
日本一小さな酒蔵」を含む、約43ヶ所もの酒蔵を抱えている点。

東京・大阪などの首都圏を除けば、飲酒運転による事故率が
地方で最も低い
のも、印象的な傾向であると言えるのではないでしょうか?

 

 

第1位・・・奈良県 47.86%

日本国内で、最も下戸の人が多く暮らすのは
いわゆる海無し県でも知られる、奈良県でした。

下戸の人が最も多い奈良県であるが故に、日本で最も
居酒屋さんやバーの店舗数が少ないため、営業しているお店でも
閉店時間が早いなどの特徴が垣間見えます。

 

 

お酒が飲めない・弱い、下戸の遺伝子を持った人の多くが
実は血脈のどこかで渡来人、またはそれに近いDNAを受けている
というのが、現代社会における下戸の根本的な見解です。

その中に生じた、地理的な背景から、渡来してきた人々の多くが
近畿・中部地方に集まりやすかった事実が
よく分かるランキングになっていると言えますよね。

 

 

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

上戸の人が多い都道府県とは?

下戸の人が多い都道府県とは?お酒に強い人が多い地域をチェック!

 

 

では次に、比較的お酒が飲める人、お酒に強い人を含む、
上戸の人が多い都道府県について、こちらも同じく
トップ3をチェックしていきましょう!

 

 

第3位・・・岩手県 67.59%

東北地方の中でも、日本酒をはじめ、焼酎の名所として名高い岩手県。

東西南北に酒蔵を抱えるものの、おおよそ人口に対する上戸の比率から
3位となっているものの、実質は他の東北圏の地域と僅差であると言えます。

 

 

第2位・・・沖縄県 67.92%

日本最南端の沖縄県は、お酒に強い人が多い2番目の都道府県となります。

米軍基地も多く、国内外の観光客が集う観光エリア以外でも
居酒屋さんやバーなど、お酒を扱う場が非常に多い沖縄県。

東北地方とは一味異なる、独自性に富んだ飲みニケーションの1つ
泡盛の回し呑み「オトーリ」などからも、その文化を知ることができます。

 

 

第1位・・・青森県 68.92%

上戸が多い都道府県のトップに君臨するのは、岩手県にも近い
本州最北端の青森県となります。

お酒を片手に、ねぷた祭りを楽しむ方が多い青森県は、ずばり
海に面する地域も多く、新鮮な魚介類は、おつまみやアテにもなるもの。

 

 

飲酒をせずとも、幼い頃から、親や祖父母との生活環境において
お酒に近い暮らしを送っていた、という声が多いのも
このランキングになった背景の1つであると言えるのではないでしょうか?

日本酒の酒蔵は、東北エリアでも少ない18ヶ所に止まりますが
その分、それぞれの特色や個性も豊富であることから
青森県内の地酒を巡る方までいらっしゃいます。

 

 

酒豪をはじめ、上戸の割合が高い都道府県の4位、5位には
それぞれ、秋田県の65.92%、山形県の65.88%が入っているのも
押さえておきたい特徴的なポイントであると言えますよね。

一説によると、日本、とりわけ東北地方には、元々
強いアルコール耐性を持ち合わせた人が多くいたとされています。

 

 

下戸・上戸が多い都道府県の特徴を知ろう

ここまでご紹介してきた、下戸・上戸が多い各都道府県について
少しでも、今後のヒントにしていただけましたでしょうか?

ランキングそのものは、ユーグレナ社による調査から算出されたものですが
背景や理由を知ると、納得できる部分も多くありました。

 

 

下戸の人、上戸の人が多い都道府県を知ることで
それぞれの風土・郷土に関する知識を得られるのみならず
お酒に対する構え方そのものを、見直すきっかけにもなりますよね。

自分の住んでいる地域や都道府県の、下戸・上戸の割合やスケールを
改めて調べつつ、ぜひ今後の健康的な食生活や
飲酒の在り方を培っていきましょう!

.

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

下戸を克服する裏技!

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技!

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法でグイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技 坂上太一

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。