アルコールパッチテストで医者に下戸認定されたアルコール代謝能力無しの下戸な私がたった2時間で酒豪になり二日酔いにもならなくなった極意とは?

お酒が飲めない人は仕事で苦労する?下戸と仕事の関係性をご紹介

お酒が飲めない、いわゆる下戸の人を含めて、社会生活
とりわけ、会社・職場に付随する飲酒界隈の様子は
年々変化を伴っていますよね。

アルコール離れも進んでいるとされる、現代社会において
お酒が飲めることの強みとは、どういったものが挙げられるのか―

 

 

そこで、こちらの記事では、お酒が飲めない人ほど知っておきたい
飲酒と仕事にまつわる関係性を、ご紹介していきます。

飲酒できない人だけが苦労するのか
職種・部門によってその度合いが異なるのか―

気になるその詳細をご紹介していくので
ぜひあなたも、下戸の視点を大切にしながら
最後までチェックしてみてくださいね。

 

 

お酒が飲めない人は仕事で苦労する?

お酒が飲めない人は仕事で苦労する?下戸と仕事の関係性をご紹介

 

 

そもそも、お酒が飲めない人は
仕事する上で、本当に苦労するのでしょうか―

結論から言えば、部署や職種によって
飲酒できない人が苦労する場面は、確かに存在します

 

 

とはいえ、その実際はケースバイケースであり
すべての企業や職業で一概に当てはまるものでもありません

ですが、例として、以下それぞれのイメージ・実態
挙げてみたので、確認してみましょう。

 

 

お酒が飲める人の方が有利な職種・部門

適正として、お酒を飲める方が有利になりやすい職種・部門としては
ずばり、営業・開発・ものづくりなどが挙げられます。

接待を伴う営業部や、飲酒・アルコールの使用を伴う可能性が高い
食品・飲料系の商品開発部の場合、お酒への耐性度合いによって
仕事の進捗や責任の所在が変わることは珍しくありません。

 

 

飲酒毎に体調を崩す人、あるいはアルコールアレルギーを持つ人に
クライアントや企画商品の重役を担わせるのは、リスクが伴うもの。

その部分を踏まえると、確実にお酒を飲める人や、嗜み方を弁えた人の方が
能力値としての信頼度も高まりやすいものと言えます。

 

 

また、ものづくりや芸術家にも通ずるポイントとしては
飲酒状態を認識できる人ほど、インスピレーションを上手に活用しやすい
ということではないでしょうか?

人によって、酔った勢いで生み出した作品が、後々正規の作品として
ブラッシュアップされるというのは、お酒が好きな芸術家・作家の常なので
そうした意味でも、メリットになりやすいと言えます。

 

 

お酒が飲めない人の方が有利な職種・部門

では、お酒が飲める人が有利な職種がある一方で
お酒が飲めない人の方が、有利になりやすい職種には
どのようなものが挙げられるのでしょうか?

ずばり、守秘義務や社内規定が比較的厳格な職場こそ
下戸の人が就きやすい職種であると言えます。

 

 

実務能力が求められる場面も多く、体感的なストレスが伴うことも
少なくありませんが、飲酒によるトラブルは限りなく0に近づけられるのは
まさに、下戸の人の最大の特徴。

公務員をはじめとする官公庁や、警備業・金融業、あるいは
芸能・メディア系は、守秘義務・情報管理に付随する職種の極みでもあります。

資料や企業情報の流出は、泥酔・紛失・故意(過失)が
その多くの原因になるため、泥酔のしようがない下戸の人
この時点で、失敗のリスクが1つ少なく、信頼を培いやすくなります。

 

 

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

下戸と仕事の関係性について

お酒が飲めない人は仕事で苦労する?下戸と仕事の関係性をご紹介

 

 

では、この実態を踏まえつつ
下戸と仕事の関係性を、さらに掘り下げてみましょう。

 

 

企画立案・食品開発・ものづくり

飲酒によって、インスピレーションを得られる人
基本的にどの仕事・職種であっても、そこに幅を持たせやすいもの。

 

 

飲酒時の勢いで作られた創作物が、正規の商品・作品のベース
あるいはそのものになることは、決して珍しくないと言えます。

また、アルコールは調味料に使用されることもあるので
食品関連の商品開発も、業務上、アルコールに触れること
多い職種であると言えます。

 

 

営業・売り込み・サービス業

人並みに飲酒できるということは、それだけ人付き合いも増え
仕事のチャンスやきっかけを獲得しやすくなり
コミュニケーションも円滑に進めやすいもの。

とりわけ、お酒に強い上戸と呼ばれる人であれば
そうした商談・対談における、イニシアティブも握りやすくなります。

 

 

企業の看板を背負った状態で、そうしたやり取りの
主導権を掴む必要のある営業であれば、時として、お酒の話題だけで
コミュニケーションの糸口を掴めるのも、1つの強みとなります。

また、ホステスやホスト、バーテンダーなど
そもそもお酒が飲めなければ、業務が成立しにくいサービス業も
下戸の人にはハードルの高い職業であると言えるのではないでしょうか?

 

 

飲食業・食品メーカー・ホテル

単純に、お酒が飲めるだけで、競合他社と比較できるものが多い
という点で、その能力がメリットに働きやすい環境と言えば
ずばり、食品メーカーを含む飲食業や、ホテルなど。

 

 

前述の通り、アルコールに触れる場面が多いのはもちろん
ホテルなどの場合、レストランやラウンジとの兼ね合いも出てくるため
人並み程度でもお酒が飲める方が、安心して働きやすいですよね。

また、ノンアルコールとアルコール商品の違い
目視・嗅覚で判断する必要がある、という意味でも、やはり
お酒が飲める人の方が、安全面でも信頼が高くなると言えます。

 

 

官公庁を含む事務・経理・人事(総務)

守秘義務にまつわる職種の代表格と言えば
公務員を含む官公庁ではないでしょうか?

 

 

ストレス値は高くとも、お酒での失敗が大きな仇になるリスクを考えると
職業そのものは、下戸の人ほど向いていることが分かります。

口頭であっても、企業秘密を抱えることが多い総務部なども
同じことが言えるので、誠実さ・正確さ・口の固さが求められる
企業内の部門こそ、下戸の人の比率も、比較的高いと言えます。

 

 

芸能・メディア・システムエンジニア

前述の総務と同じく、規定の厳しい職種ですが、これらの職種は
むしろ忙しさによって、飲酒する余裕を持ちにくい仕事

 

 

ゆえに、下戸の人のみならず、むしろお酒に強い人や
飲酒が好きな人でさえ、下戸になっていた
なんてケースも珍しくありません。

仕事柄、気が付くと日付を回っていたり、優先事項が多過ぎた結果
休日や仕事終わりに飲みに行く、というルーティンをこなせなくなり
飲酒する習慣が途絶えた、という人は少なくないと言えます。

 

 

お酒が飲めない苦労と仕事との関係性を振り返ろう

ここまでご紹介してきた、お酒が飲めない人仕事の関係性について
少しでも、当てはまる部分は見つけられましたでしょうか?

お酒が飲めることでできる仕事がある一方、下戸だからこそ
苦労する場面や、スムーズにこなせる仕事もあることが分かりました。

 

 

お酒を飲めた方がやりやすい職種、お酒が飲めなくても
不利にはならない仕事、正解は無いからこそ、下戸・上戸
それぞれの強みを活かしていきたいところ。

こちらでお伝えした、下戸の苦労と仕事の関係性をヒントに
ぜひあなたも、今後のお酒との付き合い方の
ヒントにしてみてはいかがでしょうか?

.

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

下戸を克服する裏技!

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法
グイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

下戸を克服する裏技

 

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技

 

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

下戸を克服する裏技!

下戸を克服する裏技

全くお酒が飲めなかった男性が、ある簡単な方法でグイグイとお酒が飲めるようになった極意、禁断の方法をついに公開!

当サイトからのご購入で販売者のシークレット特典がもらえます!

下戸を克服する裏技 坂上太一

⇒下戸を克服する裏技の販売者【シークレット特典】付きレビューはこちら

サイト運営者について

ナガーノ

こんにちは、ナガーノです。

当サイトにお越し頂き、ありがとうございます。

私は初めてお酒を口にした時から、苦い思い出ばかり作ってきた、正真正銘の下戸体質です。

そんな私がある一人の男性との出会いにより、今では、酒豪とまでは言いませんが、人並みにお酒を飲めるようになりました!

私が下戸体質を改善できた下戸克服法について、詳しくはプロフィールのページに書いていますので、良かったらご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

JIBEO

ナガーノは2011年11月に一般社団法人 日本情報販売論理機構(JIBEO)の第3期認定レビュアーに就任。

2012年12月までの在任期間中、詐欺商材を排除するために活動していました。

この活動をしていたことも、ナガーノの下戸体質を改善してくれることになる、一人の男性と出会ったきっかけでもあります。

ナガーノがなぜ、下戸体質を改善できたのか?

詳しくはプロフィールのページをご覧ください。

ナガーノの詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。

サイト内検索
お気に入り登録

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、
【CTRL + D ボタン】で登録できます。